主婦がキャッシングをする時の注意点

いつ回復するかもわからない長い不景気の最中にある日本経済、
お金にまつわる問題は日本国民にとって共通の悩み事とも言えるでしょう。
特に家族の家計を管理することが多い主婦の方にとっては、まさに
死活問題ともいえると思います。

そんな時に主婦の方でもお金が借りられるキャッシングは非常に便利です。
冠婚葬祭が重なった、入院することになった、車が事故を起こしてしまった・・・、
急にお金が必要になったときのためにも、キャッシングの知識を持っておいても
良いでしょう。

ではそのような急に主婦キャッシングをする必要があった時の
注意点として、下記のことを記しておきたいと思います。

それは収入が無い専業主婦であるか、それとも仕事をしていて
収入がある主婦か、の二つです。

収入が無い専業主婦の方の場合、総量規制により借入することが
出来ません。しかし例外があり、配偶者とあわせた年収の3分の1以下
でしたら貸付可能です。その際には必要書類として、配偶者の同意書、
配偶者と結婚していることが証明できる書類、配偶者の年収を証明する
書類、などが必要です。

ただし、総量規制はいわゆる消費者金融にのみ適用されるので、銀行が
あつかっているカードローンは対象外です。収入が無い方が主婦キャッシングを
する時はこちらのカードローンがお勧めでしょう。

仕事をしていて収入がある主婦の場合は、ほとんどのキャッシング会社で
借入可能であるといえます。収入がきちんと確認できる主婦の方でしたら、
基本的には融資可能と考えてよいでしょう。

その際の審査のポイントとしては、その主婦がどれぐらい稼いでいるかではなく、
勤続年数の長さ重要になってきます。安定した収入をどれだけ長くもらっているか、
が判断の基準になります。当然、安定した職業である公務員、または正社員であるほうが、
審査も通りやすく、またキャッシングできる金額も多い傾向があります。
パート・アルバイトの方が主婦キャッシングをする場合は、配偶者との併せた年収で審査
するほうが、審査も通りやすくまたキャッシングできる金額も多くなることを期待できます。

このように主婦の方でもキャッシングは可能です。もちろん、ご自分に見合った返済プランを
きちんと考えた上でキャッシングをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>